スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ルーツロックレゲエ(Roots Rock Reggae)を世界中に広めたボブ・マーリー(Bob Marley)

ルーツロックレゲエ(Roots Rock Reggae)を世界中に広めたボブ・マーリー(Bob Marley)


いつもTetchimo7ブログを読んでいただきありがとうございます。
これからは僕自身の活動のお知らせ以外にも、
「レゲエ」「ボブ・マーリー」「昭和歌謡」「阿久悠」・・・
僕の音楽の原点のお話を増やして行きたいと考えています。



今回はその第一弾!
「ルーツロックレゲエとは、なんぞや?」

「レゲエ」にもいくつかのジャンル分けがあるんです。
レゲエの歴史は楽曲のテンポダウンの歴史。
つまり、時間が経つにつれてテンポが遅くなっていきます。
おおまかには、
スカ→ロックステディ→ルーツロックレゲエ
スカが一番速くてルーツロックレゲエが一番遅いということになります。
1960年代のジャマイカを猛暑が襲ったことで、のんびりとしたテンポが流行したという話もあります。

もっと細かく分けるとジャマイカ発祥の「ダブ」「ダンスホール」や、「ラバーズロック」というUKで盛り上がったジャンルもあります。現在では「UKニュールーツ」と呼ばれているものもありますね。
「ジャパニーズレゲエ」も一部では流行っていますので、さらにジャンルが存在します。

僕はスカもロックステディも好きですが、
ミディアム~スローの「ルーツロックレゲエ」が特に好きなんです。

まだまだ語ります^^
↓ ↓ ↓ このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、ルーツロックレゲエを語るには「ラスタ」が重要です。
1930年にエチオピア皇帝となったハイレ・セラシエ1世を黒人の救世主とする黒人のアフリカ回帰運動をラスタファリアニズム(ラスタファリムーブメント)と言います。
その運動の信仰者を「ラスタファリアン」「ラスタマン」と呼びます。
宗教的思想運動なので信仰者というよりは実践者ですかね。
1960年代にジャマイカは独立しますが、その後も社会情勢は安定しませんでした。
貧困層を中心にラスタファリアンが増え続ける中、1966年、ハイレ・セラシエ1世がジャマイカを訪れます。
「ジャマイカ解放まではエチオピアへの移住は控えなさい」のような内容のメッセージをラスタファリアンに送ったと言われています。
ボブの妻「リタ・マーリー」は、車に乗って移動するハイレ・セラシエ1世を見ました。
ボブがアメリカに出稼ぎに行っている間にリタはすっかりラスタファリアンになりました。
アメリカ出稼ぎがうまくいかなかったボブは、帰国後ラスタファリムーブメントについて勉強をしてラスタファリアンになります。
この時にはラスタファリムーブメントは過激化していて、ドレッドロックス(ドレッドヘア)という髪型をしたり、ガンジャ(大麻)を愛好したりしてジャマイカ政府に反発をしていました。
ラスタファリムーブメントを音楽に取り入れて注目された最初のシンガーがボブマーリー、
その音楽をルーツロックレゲエと呼ぶというワケです。

母国ジャマイカで10代の頃からスカやロックステディのレコードを発表していたボブは、
1973年にアイランドレコードからウェイラーズの一員として「キャッチ・ア・ファイアー」で世界デビューを果たします。

これを書きながら気が付いたんですが「キャッチ・ア・ファイアー」には「ラスタ」「ジャー」などの言葉が入っていないような・・・。2枚目の「バーニン」から少しずつラスタ用語が増えていますね。書きながら勉強になります(笑)。

3枚目の「ナッティ・ドレッド」では「ジャー」「ドレッド」が登場。4枚目ではいよいよタイトルが「ラスタマン・バイブレーション」!そのアルバムの1曲目が「ルーツ・ロック・レゲエ」!


ルーツ・ロック・レゲエ/ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ_YouTube



というわけで、昔のジャマイカの社会情勢や宗教的思想によって生まれた「ルーツロックレゲエ」という音楽ですが、そんな事とは無縁の他国の人々にも愛され続けています。もちろん僕もそのひとりです。

一生懸命に生きている人や勇気を持っている人の音楽は体中に響きます。
僕にとってボブマーリーは、人生の目的を貫くことを応援してくれる人。
Tetchimo7は「ルーツロックレゲエ」という船に乗って、
愛する故郷「日本」の言葉で音楽を届けて行きたいと思っています。

関連記事

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

tag : シンガーソングライター レゲエアーティスト ルーツロックレゲエ Roots_Rock_Reggae 世界中 ボブ・マーリー Bob_Marley 昭和歌謡 阿久悠 スカ
2011-02-03 : ルーツロックレゲエおすすめ名曲 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

やっぱ 音楽やっている人は 音楽を勉強しているのね~。

すごいなぁ~(´。`)

わたしは 音楽に関しては 好きか嫌いか 自分が素直に受け入れるかそうじゃないか 感覚的なものだけで、他はどうでもいい、、、っていうのかな、、?

わかんないや。

肌に合うか合わないか ってことかな?
2011-02-03 22:04 : みっこ URL : 編集
No title
>みっこさん~

感覚的なものだけでいいんだよ~♪
たまにウンチク語らせてね^^
2011-02-04 00:48 : テッチモ URL : 編集
No title
ふむふむ、勉強になりました。
どんなに成功した人でも、模索していた時間はあるのですね。

それにしても、社会的背景も、宗教も超えて、心を寄せる鍵となる「音楽」ってやっぱりすごいな。
2011-02-04 05:24 : Ikuko URL : 編集
No title
>Ikukoさん~

ボブは、僕らが想像出来ないほど困難な状況下で生活しながら音楽を作っていたんでしょうね。
「音楽のチカラ」もすごいし「人間のチカラ」もすごいですよね!
2011-02-04 11:14 : テッチモ URL : 編集
No title
大学の講義みたいやな~。
大学行ったことないけど・・・。
2011-02-05 13:55 : Defrag T-bone URL : 編集
No title
>T-boneさん~

ほんまやね~!
オレも受けたことないけど^^
2011-02-05 19:56 : テッチモ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

テツ中嶋

Author:テツ中嶋
音楽家。
ボーカル、ギター、ブルースハープ、作詞、作曲、アレンジ。
最近Jazzがお気に入り!
ソロユニット名は「Tetchimo7」

☆今夜もよろしくおレゲエRADIO!
の過去放送分はこちらから☆




YouTube動画PV

てっちも7のmyapaceマイスペース

インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf

テッチモ7のtwitterツイッター


↑Tetchimo7ページ。「いいね!」をお願いします。


出演ご依頼・お問い合わせ・メッセージはこちらまで↓
info@tetchimo7.com

ブログカテゴリ

検索フォーム

おすすめYouTube

ブログランキング

これ↓ぽちっと、応援おレゲエします♪ブログのランキングがアップします 音楽ブログ レゲエミュージックへ ジャパニーズ・ポップ・アーティスト 音楽人気ブログランキングへ

CD・MP3 発売中♪

2ndミニアルバム↓


タンポポの花 ~僕らは大丈夫~ - EP - Tetchimo7


1stミニアルバム↓


★楽天でダウンロードする★

Tetchimo7

ライブ・イベント情報♪

携帯版へのアクセスはこちらから!

QR

相互リンク様

アクセスカウンター

テッチモ7のアルバム

フリーエリア

Amazon.co.jpアソシエイト
ジャパニーズ・レゲエ・シンガーソングライター・アーティスト テッチモ・セブンのオフィシャルブログ
ライブ・イベント告知、ラジオ・テレビ出演情報、作詞した歌詞、オススメ音楽レビュー、日記などを更新していきます。 スポンサーサイトルーツロックレゲエ(Roots Rock Reggae)を世界中に広めたボブ・マーリー(Bob Marley)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。